御影石って何種類くらいあるの?

墓石に使用される石材の多くは「御影石」と呼ばれ、様々な種類があります。
この御影石という名前ですが、もともとは神戸の御影という地で採られた花崗岩がそう呼ばれたのが始まりだと言われています。現在では、御影で採掘された石材は「本御影石」と呼ばれ、その他の花崗岩が「御影石」と呼ばれています。日本の石材だけでなく外国の石材も御影石と呼ばれるため、その種類は膨大で、流通している数で言えば300種類弱にも上ります。墓石に使用される御影石には信頼性と安定した採掘量が求められるため、その半分以下が実際に使用されている種類と言えるでしょう。
それだけの種類があることから、御影石と一口に言ってもその石質は様々です。当店で扱っている中国産の623という白御影石と国産の最高峰石材と名高い庵治石では、どちらも御影石・花崗岩という分類ではあるものの、その品質も価格もまったくと言っていいほど違ってきます。

墓石に使う石を選ぶ際には、写真や数値、言葉での説明だけではどうしても伝わらない部分があるものです。ぜひサンプルや実際に建立されたお墓をご覧になった上でご検討なさってみてください。

お墓の建立に役立つ資料をプレゼント!

お墓の建立・リフォームをお考えの方に、お役立ていただける資料をお送りしています。

以下のような様々な情報を無料でお届けいたします。
ぜひご活用くださいませ。

資料の一例

  • 和型墓石デザイン例
  • 洋型墓石デザイン例
  • 建立事例集
  • お墓のリフォームについて
  • 彫刻・家紋について
  • 生前墓について
  • 霊園の詳細資料   など

お見積りはお気軽にどうぞ!

石翔では、大阪を中心に関西一円で墓石の販売・施工を承っています。
お墓の新規建立はもちろん、リフォーム・ご移転などもお任せください。
相見積もりも歓迎です。どうぞお気軽にご連絡ください。

墓石をこれから建てる方へ

墓石をすでにお持ちの方へ

石翔について

墓石特集